医療法人三幸会

医療法人三幸会

文字サイズ

「2021認知症とともに生きるまち大賞」にて特別賞を受賞いたしました。

京都市岩倉地域包括支援センター 「高齢サポート・岩倉」の取組が
「2021認知症とともに生きるまち大賞」にて特別賞を受賞いたしました。

誰でも安心して外出ができる社会をめざして

~ドラえもんのどこでもドア~未来へ出発(京都発)駅カフェ(京都市左京区)

認知症になっても外出が続けられる社会をめざし、2018年、19年に叡山電車八瀬駅で認知症カフェを開催。2019年のカフェには140人の認知症当事者、家族らが参加。散策に訪れた一般の人もカフェに立ち寄って交流。ライブも行われ、大いに盛り上がった。
2020年、コロナの影響で、中止を余儀なくされた。その中で外出ができない認知症の人々と共にもう一度何ができるかと叡山電車八瀬駅の職員、認知症当事者を交えて語り合い、再出発する。
【受賞理由】
これまで取り組んできた活動を、このコロナの事態で見つめ直しイノベーションを図り、「未来への再出発」という決意を応援したい。
2018年から取り組んできた駅カフェも、認知症の人のためだけでなく、「公共とは何か」が問われる叡山電車という公共交通機関と地域の人のコラボによる意義ある活動である。

なお、この「認知症とともに生きるまち大賞」のフォーラムの様子は、NHK Eテレ 12月27日(月)午後8時からのハートネットTVで放送されました

back to page top